マンション売却時のハウスクリーニングについて

マンション売却時のハウスクリーニングについて

マンションを売るときにハウスクリーニングをするか、
しないかで悩む方は多いと思います。
現在、数ある売出し中のマンションの中から
内覧から成約に結び付けていくにはどうすれば良いのでしょうか。

 


 

まず、内覧での第一印象は見た目でもあります。
水回り(お風呂場・キッチン・洗面所・トイレ)、換気扇、ガスレンジなど
汚れやすい部分はハウスクリーニングを行うだけでもかなり印象が違ってきます。

 

お部屋の印象そのものよりも、汚れやすい場所が綺麗だと成約に結びつきやすいのです。

 

また、ハウスクリーニングを行うことによって
ハウスクリーニングの価格以上にマンション売却の値上がりを期待できます。

 

そのため、ハウスクリーニングの費用は売主が負担するのが一般的です。
ガスレンジの交換やクロスの張替え、
浴槽交換まで行うと更に売却時の価格アップが見込めますが、
リフォームまで行うと大掛かりになってしまうのと負担する金額も更に掛かってしまいます。

 

マンションをより高く売る事も重要ですが、
早く売る事も大事なのでハウスクリーニングは義務ではありませんが
早く売りたい・少しでも高く売りたいと思っている方は必須とも言えます。

 

ですが、買主がリフォームをする場合もあるので、
よっぽど古いマンションではない場合は、
現状引渡しを行う方も多いのもまた事実になります。

 

女性は、普段使う水周りをとくに厳しくチェックする傾向にあります。
とくにマンションの内覧は夫婦で一緒に来る場合が多く、
女性の方がマンションを重点的にチェックしていきます。

 

女性の印象がいいと、そのマンションは成約になりやすいのも特徴です。
部屋は白くすると明るく見えますし、
汚れやすい場所も自分で出来る範囲で綺麗にするだけでもずいぶん印象が変わっていきます。
また、玄関もポイントです。

 

玄関がホコリや砂まみれになっていると第一印象も悪くなってしまいます。
ハウスクリーニングは、行う場所や価格を考慮してから行うのがオススメです。
自分ではどうしても綺麗に出来なさそうな場所や、
汚れなどは専門の業者に依頼してマンションを綺麗に見せるのが成約への近道となります。

 

また、ハウスクリーニングは別々にお願いをすると高くなってしまうことがあるので、
決めた場所は重点的にまとめてお願いするのもオススメです。
家具の有無などで価格も異なる場合があるので、
見積もりを取って安い業者を選んでみるのもおすすめです。