マンション売却時の仲介手数料について

マンション売却時の仲介手数料について

マンションを売却する時の仲介手数料が一体いくらなのか、
その相場がいくらなのかを気にする方は多いと思います。

 


 

そもそも、仲介手数料とは、不動産会社を通して
マンションを売買したとき・貸し借りをしたときに不動産会社に
成功報酬として支払うお金のことを言います。

 

仲介手数料は媒介手数料とも呼ばれ
「うちを売って(貸して)くれてありがとう」といった意味があります。

 

この仲介手数料は飽くまでも成功報酬として支払うものなので、
売買・賃借の依頼をしても、取引が成功しなかった場合は支払う必要はありません。

 

この仲介手数料の計算ですが、実は仲介手数料には上限が決められています。

 

売買する金額が200万円以下の場合の仲介手数料は5%+消費税、
200万円を超えて400万円以下の場合は4%+消費税、
そして400万円を超える場合は3%+消費税が仲介手数料の上限となります。

 

例えば、マンションを3000万円で売った場合100万と少しの金額が
仲介手数料として取られてしまう場合があります。

 

不動産はこの仲介手数料の上限を超えなければ
自由に手数料の価格を請求することができるシステムなのですが、
この仲介手数料の上限をさも法律で絶対に決められた金額です、
といった具合に請求してくる不動産会社は注意が必要です。

 

仲介手数料は自由に設定できる金額だからこそ、
値引き交渉をすることも可能となります。

 

この値引き交渉は、できるだけ早い段階で決めておくのもポイントです。
出来れば、売買や賃借が決定するよりも前がオススメです。

 

これは、不動産会社も販売するマンションに対して広告を出したり
販売活動を行うためコストも発生するからです。

 

最初から仲介手数料がいくらになるのかが
わかっていると販売活動がしやすくなるのです。

 

更に、仲介手数料を値引きしてもしっかり対応をしてくれたり、
宣伝活動をしてくれる不動産会社を選ぶのもポイントです。

 

信頼できる不動産会社を選ぶことによって、
大事なマンションを安心してお任せする事が出来るからです。

 

不動産会社を最初から一箇所に絞ってしまうのではなく、
複数個所に見積もり依頼を出してみるのもオススメです。

 

ここで、ちゃんと販売活動をしてくれそうな不動産を総合的にチェックして、
マンション売却をお願いしてみましょう。